• 佐野常民

    日本赤十字社の父

    佐賀と世界を結んだ歴史

     佐賀の七賢人の一人、佐野常民は、1822年に佐賀藩士下村充贇の五男として佐賀市川副町早津江に生まれました。9歳の時、藩医佐野家の養子となり藩校弘道館では学才を発揮、その後、大坂や江戸で緒方洪庵、伊東玄朴らの門弟となって蘭学、医学などの学識を広めました。31歳の時に佐賀藩精煉方において、さまざまな理化学研究の指揮をとり、蒸気船・蒸気車の雛形、電信機の製作を行いました。

    History

    【1】修行時代

    佐野常民は、25 才になると藩命を受け蘭学修行へと旅立ちます。京都では広瀬元恭の時習堂、大坂では緒方洪庵…    

    【2】精煉方と三重津海軍所

    0 から 40才代中ごろの佐野常民は、「精煉方」と「三重津海軍所」、佐賀藩の近代化事業における二つの象徴…

    【3】万国博覧会と佐野常民

    文久 2 年 (1862) の第2回ロンドン万国博覧会を機に、博覧会に触れた江戸幕府は、慶応 3 年 (1867) に開催…

    【4】近代国家を目指して

    明治時代に入り、政府の一員として新しい国づくりに励みはじめた佐野常民。明治 4 年 (1871) に工部省灯台頭…

    【5】赤十字とともに

    明治時代になると、常民は新政府へ出仕して日本の新しい国づくりに活躍の場を移します。日本海軍の創設、…    

  • 佐賀県佐賀市諸富町・川副町にある幕末佐賀藩の洋式海軍の拠点だった場所。海軍教育や洋式船の修理、日本初の実用蒸気船「凌風丸」の建造が行われるなど、後の産業国家日本における造船分野の取り組みの端緒となった。 三重津海軍所跡は、幕末の海軍の様子や日本の伝統技術と西洋技術の融合、自然環境を巧みに使った洋式船の運用方法が具体的に分かる貴重な遺跡として平成25年(2013)に国史跡に指定され、平成27年(2015)には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として世界遺産に登録されている。

    Mietsu Naval Dock Site

    【1】歴史的背景と幕末佐賀藩の取り組み

    幕末、日本は、外国との貿易を厳しく取り締まっていましたが、オラン…  

    【2】三重津海軍所跡の概要・価値

    三重津海軍所は早津江川の上流側から下流側に向かって整備・拡張され…  

    【3】ドライドックの特徴・運用方法

    ドライドックは、船底の検査や整備・修理を行う施設です。ドック内に…  

    【4】子ども向け現地学習シート

    いろんなテーマの学習シートがあります。すきなテーマをえらんで学ぼう!  

    【5】フリー画像
     

    こちらに掲載してある写真はご自由にご利用いただけます。申請の必要…  

  • 世界遺産
    「明治日本の産業革命遺産
        製鉄・製鋼、造船、石炭産業」

    日本が世界に誇る産業技術

    今こそ、その魂を知る。

    幕末から明治にかけてのわずか50年余りの短期間で、日本が非西洋地域で初めて産業化を成し遂げたことを示す世界遺産。北は岩手県釜石市から南は鹿児島県鹿児島市までの8県11市に所在する23の資産で構成されている。平成27年(2015)7月に世界遺産に登録された。
    日本の近代化は、西洋の先進技術の情報を得て、日本の在来技術と組み合わせながら、西洋技術を再現した試行錯誤の取り組みから始まった。その大きな原動力となったのが、九州・山口を中心とした様々な取り組みであったことを、この世界遺産は証明している。

  • アクセス

    電車&バスで

    博多駅から佐賀駅までJR特急で約40分    

     

    自動車で

    ・長崎自動車道「佐賀大和IC」から約40分
    ・九州佐賀国際空港から約15分
    ・九州自動車道みやま柳川ICから約40分
     

    飛行機で

    ・羽田⇔佐賀 ・成田⇔佐賀

    空港からタクシーまたはレンタカーで約15分


    カーナビで探す際は佐野常民 or 三重津海軍所跡

    tel:0952-34-9455 佐賀県佐賀市川副町大字早津江津446-1

    ※駐車場は佐賀市立中川副公民館横。

    (歴史館敷地内にも10台程度駐車スペースがございますが、満車の場合もあります。)

     

    ご予約・申請はこちらから