• 佐野常民

    日本赤十字社の父

    佐賀と世界を結んだ歴史

     佐賀の七賢人の一人、佐野常民は、1822年に佐賀藩士下村充贇の五男として佐賀市川副町早津江に生まれました。9歳の時、藩医佐野家の養子となり藩校弘道館では学才を発揮、その後、大坂や江戸で緒方洪庵、伊東玄朴らの門弟となって蘭学、医学などの学識を広めました。31歳の時に佐賀藩精煉方において、さまざまな理化学研究の指揮をとり、蒸気船・蒸気車の雛形、電信機の製作を行いました。

       

    詳細情報は随時公開予定

  • 佐賀県佐賀市諸富町・川副町にある幕末佐賀藩の洋式海軍の拠点だった場所。海軍教育や洋式船の修理、日本初の実用蒸気船「凌風丸」の建造が行われるなど、後の産業国家日本における造船分野の取り組みの端緒となった。
    三重津海軍所跡は、幕末の海軍の様子や日本の伝統技術と西洋技術の融合、自然環境を巧みに使った洋式船の運用方法が具体的に分かる貴重な遺跡として平成25年(2013)に国史跡に指定され、平成27年(2015)には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として世界遺産に登録されている。

       

    詳細情報は随時公開予定